結婚生活には我慢が必要?我慢するくらいなら離婚しろと言われるが…

結婚するということは我慢だ。と言われてきました。

結婚に無縁の時はなんで生きていて、しかも好きな人と暮らすのに我慢が必要なんだ?

そんな考えがありました。だがしかし

結婚生活が始まり、というか結婚前の同棲の段階で我慢我慢の連続でした。

スポンサーリンク

【結婚生活にはどんな我慢が必要か】

まず、我慢は必要だと僕は思います。

どんなに好きでもやっぱ一緒に暮らしていくと嫌なことはあります!

我慢をしなきゃいけないこと、色々ありますけど、僕の場合はまずはゲーム。

独身の時は毎日のようにゲームしていました。

小学生のことに親に初代ファミリーコンピューターを買ってもらってから、僕のゲーマー人生が始まります。

ゲームしかやらないというわけではなかったんですけど、ほぼ毎日やっていましたね。

社会人になってからはオンラインゲームにはまっていました。

結婚前に同棲をしていた期間があったんですが、その時はまだゲームを完全には止めていませんでした。

やらなくなったのは子供が生まれてからですね。

妻がゲームを完全に不利益、有害なものと認識しているため、辞めなきゃなりませんでした。

やってると態度が悪くなる、あからさまに不機嫌になるようになりました。

不思議なもんでやらなくなればやらないのが当たり前みたいになるんですね。

ずーっとやっていませんでしたが、転機が訪れました。

僕がスマホを持つようになった時です。

はじめタクシーの仕事でうちの会社にはナビがないからスマホでナビをみるから

と購入を許可してもらいました。

結婚すると何するにも相談ですね。

独り身ならなんでもすぐに思ったら購入ですがね。

そうです、スマホのゲームをやりだしてしまったんです。

しかしゲームから離れてましたから、そこまでハマるという感じでもなかったんですがね。

その他には休日の自由な睡眠ですかね。

僕は寝ないとダメな男なので。

それと友達との交流の場はほとんどなくなりました。

あとはお金の問題。

自分で自分の物を買うことはほとんどなくなりました。

我慢することに関しては家は相手と自分の価値観の違いによってだったりが多いですね。

モラハラに近いような暴言、永遠と繰り返されるなぜ、どう思ってるのか、謝罪の要求。

少しのミスで馬鹿にされたり、妻のやりかたと違うことをした時の文句。

積もり積もって精神の崩壊。

我慢我慢の連続です。

スポンサーリンク

【結婚生活は我慢しなくてもよい】

結婚生活で我慢しなくてもよいと言ったらたぶん続かないでしょう。

僕自身我慢をしないでもいいよ、となったら一緒にはいられないと思います。

好きになり、付き合い、一緒にいる時間が長くなり、

同棲してからは家事、仕事、お互いの事を比べてしまったりしちゃいます。

全く我慢しない状態だというと、好き勝手にお互いが別々の事していたり。

お金、仕事、家事、全て自分の事だけやってるという感じ。

そうじゃない、一緒に暮らすと決めて、やっぱりお互い我慢するところは必要でしょうと。

結婚や同棲などをしていない同級生も多いです。40歳でです。

近年はそういう人が多いと思いますが、やはりここ。

我慢しなきゃならないっていうのが嫌だ。

と思う人が多いからだと思われます。

と偉そうに言っていますが、僕も結婚なんて考えてなく、本当に突然その時が来たって感じです。

僕は人に合わせる人間なので、可能だった方だと思います。

我慢なく結婚生活を送っている人がいるとして、その人たちは本当に素晴らしい相手を見つけたんだろうな。

と思います。いるのかわからないけども。。。

一定の距離を置いている夫婦でもなんかしらの我慢はしているとおもいますが。

ぼくは我慢しないようにするために、色々と考えてきました。

我慢を我慢じゃなくすということ。

例えばですが、これやってと言われたときに

何でやらなきゃなんないんだ!と思うのではなく、いつもやってくれているからやろう!

と自分からやるんだと思えば我慢にならない。

とかそういうことですね。

自分の考え方ひとつで我慢になるか、ならないかが変わってきますね。

自分の考えを変えていくことによって我慢しなくても結婚生活は送れるのかもしれません。

まぁ自分ではこのように考えて少しは我慢をコントロール出来てきてはいると思ってるのですが

やっぱり我慢しているとおもう部分もありますね。

一緒に暮らすというのはなかなかに難しい。

スポンサーリンク

【我慢するくらいなら離婚するべきか】

海外の情報でパートナーの悪口を言う人が少ないというのを見ました。

日本で事あるごとに相手の悪口をいい、それによってストレスを発散していたりするようです。

海外の人は悪口を言うような関係になるようなら離婚してしまうというのが理由みたいですね。

日本も離婚率はかなり高くなってきたと言っても速攻離婚ということにはあまりならない印象があります。

我慢限界で離婚するのに大きいのはやはり「子供」の存在は大きいのではないでしょうか。

僕の場合なんですが、同棲期間でもやはりそれまで一人で好き勝手やってきたので我慢ばかりでした。

結婚生活となんら変わらない状況であって子供もいない状態、婚姻届けも出していない。

我慢ばかりで妻からの暴言も始まっていた、なのに別れずに結婚をした。

それはなぜか?同棲するまでの経緯があるんですが、いったん子供ができました。

その子は僕たち2人が未熟だったと言わざる負えないんですが。

心臓が止まってしまいました。

とても悲しかった。なんか悔しかった。

妻は動いてしまうとダメだったんですね。

切迫早産というものです。

この出来事は僕の中に相当深く刻まれています。

このことで、無理だ別れよう!と出ていくことができなかった。

我慢していかなきゃ!と思ってしまったんです。

そうです、この時はこの人とやっていく、子供を一緒に育てていくと誓ったはずなんです。

しかし我慢というのは限界があるんだなと、つくづく思い知らされましたね。

一時期 うつ まではいかないかもしれませんが、生きているのも嫌になったり。

衝突ばかりで壁を殴ってみたり。

殴りあいで妻の首を締めてしまってすぐに我に返ったんですが、これはもうダメだと

このまま結婚生活を続けていったら僕はどうなるかわからないと思いました。

義理の母に離婚させてくれと言いに行きました。

時間がたち落ち着いてくると、子供達のことを考えます。

そうなると僕が落ち着かなきゃ、感情的になってはいけないと思えるようになってきたので、離婚届けを持ってくることもなかったです。

今まで離婚したほうが良いとは言ったことありますが、離婚届けを持ってくるところまではいっていません。

我慢の限界にならないように、ストレス発散方法がある人にとってはここまでにはならないのかもしれませんね。

僕はタバコくらいで他にスポーツなどの趣味がないのです。

このタバコも妻にとって害でしかないので、やめろと言われています。

これも僕が我慢の限界を超えてしまった理由かもしれません。

現在お互いに感情をコントロール出来てる感じなので我慢の頻度は少ないと思います。

我慢が原因で限界を超えた状態が続いてしまう、暴言、暴力などが続いてしまうようなら

子供がいる場合でもそれは子供にも悪影響なので離婚を考えたほうが良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

【まとめ】

結婚生活には我慢しなきゃいけない時は絶対にあると僕は思います。

そんなことないという人もいるかもしれませんが。。。十人十色ですから。

我慢の限界で、暴力的になってしまう期間が長く自分の思考を変えれなくなってしまうようなら、離婚が最適なのかもしれません。

相手がいることなので話し合っても平行線、どっちも引けないで時間だけが過ぎていくようなら僕の例もあるので離婚を考えたほうが良いかもしれませんね。

完全に引くことはなく相手に言いたいことは言わなきゃいけませんが、自分が引いて思考を変えていくことができれば

離婚しないであるていどの我慢でやっていくのが幸せなことなのかもしれません。

常に我慢しているわけじゃないですから。

幸せな瞬間を大事に僕は我慢もしていこうと思っています。