共働き家計管理の方法。妻の給料が分からない。僕の口座は妻が持つ

共働き

家計の管理は夫婦によって変わってくると思います。

僕たち夫婦は結婚当初は自分たちで管理してきました。

必要な分僕が妻に渡すといった感じでした。

妊娠を期にお金の管理の仕方が変わりました。

お金の管理の方法はどのようにしたらベストなんでしょうかね?

スポンサーリンク

【家計管理は妻です】

現在うちでは家計管理は妻がやっています。

給料1万抜いて妻に渡しています。

ずっとそのスタイルでやってきているので、僕は家計の事や貯金の事に関してはまったくわかっていません。

妻の管理の仕方はかなり細かいと思います。

妻が仕事を始めて、自分が忙しくなってきてから。

私が全部やってるのは大変だ、あなたは楽でいいよね。と言ってきましたので、僕がやってみると言ったんです。

その時にやはり自分のやり方を同じようにやれという感じになったんですが、まぁ細かい。

それが当たり前なんでしょうか。。。

僕は給料手渡しなんで、銀行にそれぞれ入金に行かなくてはなりません。

1000円単位も多くは入れません。

支払い帳を最近になって作ってますが、ぴったりいれて、残りは食費。

という感じですかね。それだけ僕の稼ぎではギリギリなんでしょうが。

僕は少しだけ多めに入れとけばいいじゃない。

という考えなので、のこで対立。

あなたにはできない。ということを言われたので、僕は辞退してまた任せるという感じです。

多くの家庭が旦那さんは小遣い制みたいなので、こういった感じになってるのかなぁ~

なんて思います。まぁ色々な家庭があるし、家計の事なんて話したりしませんもんね。

スポンサーリンク

【妻に任せきりで妻の給料は知らない】

妻が始めた仕事は営業で完全成約がとれて給料が発生するという仕事です。

そして制約を取るための準備の段階の備品などは自腹です。

ここが僕の不安なんかをあおっています。

この自腹の部分とか成約とって入ってくる給料だとか。

僕自身把握してないです。

聞いてないだけとも言えますが。聞けば詳細を言ってくると思いますが、話が長くなりそうなんで聞いていません。

任せっきりになると色々な場面で気になってしまったり、不安になったりしてしまいます。

例えば、家族でどこかに出かける時などに、そこにそんなにお金があるのか?

そんな風に考えてしまいます。

この考えはとても悪い方向にいってしまう考えです。

現に妻に家計管理を頼んでから、お金の出入りが分かってないので、家族で出掛けたりしても大丈夫だろうか?

そんな考えが生まれてしまい、自分からOOに出かけよう!

そんなことも気軽には言えなくなってしまいました。

どこにそんなお金があるの?と勝手に決めつけてしまう。

そんな状態になってしまいます。

妻の給料に関しても把握しておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク

【僕の給料は小遣い以外すべて渡す】

結婚当初は家計管理は僕のほうが中心でした。

このころはまだ支払いもそれほど多くなかったので管理も楽でした。

家賃、光熱費、少しのローン支払い食費などです。

残りは自分の使いたいだけ使えていました。

まぁそんなに残らないし、食費とかなんかプレゼントとかとっておかなきゃいけないので。

使えないのと同じですね。

でも妻はそのころ給料に対してありがとうの言葉が多かった気がします。

すぐに給料全てを渡して、1万円だけ僕が小遣いとして渡される生活が始まります。

こうなってしまうと任せてしまって支払いの事なんかは頭にないです。

1万しかもらえない稼ぎが1万円になってしまった気分になっていたように思います。

頑張って仕事しても1万円にしかならない。。

そう考えるようになってしまっていたんですね。

実際には子供達のため妻の為にとそして、家族が楽しければ自分も楽しいと

そう考えなければいけなかったのに。

頑張っても自分の手元に1万円だけしかないと、頑張る気力がなくなってしまうという状態に陥ってしまう。

そんな時が多々ありました。

僕はタバコを吸うんですが、それだけで小遣いはなくなりますね。

妻は料理ができないわけじゃないですが、はっきり言ってやりたがらない。

やらされている感がでまくり。

そんなこんなもあってか、僕も仕事やらされてる感と、給料日になっても1万円しか自分にはない。

という状態がやる気を削いでいき、しまいにはイライラの原因にもなっていました。

小遣い1万円でも子供たちが増えていってからは支払いでかなり厳しい状況になっていってしまったんですがね。

支払いが厳しいと言われたら、1万円でも抜いちゃうのが悪い気になってしまったりしますね。

自分で使えるお金は本当に少ないからもうそれに慣れちゃってますが。

スポンサーリンク

【まとめ】

共働きになってもうちの夫婦は妻が専業の時と何ら変わっていません。

しかし、妻が家計管理をずっとしていて、妻の給料が今まで僕だけの給料に加算されれば。

それで妻にしたら少しは余裕が生まれていくのではないでしょうか。

そうなってくれたらありがたい。

そう考えると家計管理は妻がやっていてくれた方が良いのかもしれません。

あとは僕自身の考え方を変えていくことができるようになるだけです。

小遣いが少ない、やる気にならないじゃなくて、少しでも家計を助けられるような給料をもっていかなくては。

そう考えて頑張る。給料が増えれば小遣いを増やす交渉もできる。

そういう考えに変えていってなんとかやる気を保ちながら仕事に打ち込めればと今は考えています。

家計に関して不安になったりするのであれば、夫婦で話し合えばいい。

一方だけが把握している状態だとお互いが何らかの不安や不満が出てくると考えます。

給料低いからどうにもならないと言わず、お互いを尊重しての話し合いができるのが理想ですね。