子供の習い事はいつからはじめたか。出来るだけ早くから始めたかった

子供

子供の習い事をいつからはじめたらいいのか?

僕は習い事をさせるのには反対に近かったです。しかし妻はできるだけ早くに習い事をさせなきゃだめ!

子供の将来にかかわる。と強く習い事をすることを押してきました。

そんなこんなで子供たちの習い事は早い時からはじめています。

早ければいいってもんじゃないと思うかもしれませんが。。。

僕の同級生は習い事というか、小さい時に親にスキーに連れて行ってもらっていました。

高校生の時にスキーに行ったときにそれはそれはかっこよく滑っていた。

そんな記憶があったので小さい時にやっておく方がいいなと僕も思いなおしました。

思い直したので妻の意見に乗ることにしたのです。

スポンサーリンク

【英語の習い事を始めたのは0歳から】

これは一番下の次女に関しての話です。子供の習い事はいつから始めたらいいかの答えになるのかわからないですが。

英語に関しては習い事という感じではなくなっているかもしれません。

教材を使っているので習い事の部類に入ってくるかと思いますが。

0歳から英語の聞き流しをしています。これに関しては本当に大事だな~と実感しております。

理由はその英語教材を買ったのは長男4歳長女2歳くらいだったかと思います。

上の2人にすでに成果が表れ始めています。

長女の発音の良さが目立ちます。

長男もかなり英語が聞き取れてきています。

上の子2人をみていて、0歳から始めている次女はどうなってしまうんだろうと今から楽しみです。

まぁ共働きになって上の2人より母親が教材をつかって子供たちと接している時間が減っているのが気になるところですが。

最近2歳過ぎて聞き流しの歌を声を出して一生懸命歌っています。まだはっきりではありませんが。

僕も休みの日に一緒に教材で遊んだり、ちょっと席を外しても1人で遊んでたりします。

一緒に勉強したら一番いいのでしょうが、していません。

親も一緒に成長しなきゃダメですね。頑張ります!

スポンサーリンク

【ピアノの習い事は3歳から】

長男のピアノの習い事ですが、これは3歳から始めました。

始めた理由は妻が習っていたことが一番の理由ですね。

僕は男の子なんだからピアノって?と初めは考えていました。

しかし僕の小学校の時も男の子でピアノが弾ける子いたなぁ。

やっぱり自分の過去と照らし合わせてやらしてみてもいいな。

そう思いました。まぁ僕の意見はききいれられないんですが。

このくらいの年からはじめたらかなりうまくなっているんだろうなぁ~とかんがえていたんですが。。。

家には一応妻の使っていた電子ピアノがあるのですが、家でピアノを触る時間というんでしょうか。

自宅でのピアノの練習、予習復習をほぼやらない。自分からやろうとしないんですね。

今約ピアノ歴6年くらいになりますでしょうか。

6年の間にピアノ教室でのピアノの発表会は3回くらいです。

発表会に向けての課題曲があった時はそれなりに自宅でもひいてはいました。

ですが、はっきり言って完璧に弾けるようになってるという感じではなかったですね。

凄いと思ったのは発表会当日の日の息子のカバー力。

いったん微妙に止まりそうになってしまったときにうまく誤魔化すような感じで弾き続けたんです。

これには泣き虫だった息子の成長を見たと思って感動しました。

スポンサーリンク

【バレエの習い事も3歳から】

うちの長女はバレエ教室の見学に行き速攻やりたい!と言ったので、すぐに通わせるようにしました。

かなり厳しい先生なんですが、長女は3歳からなので周りの子達と比べて圧倒的に小さい。

そして入った時には同じくらいの子、小さいクラスの子がうちの子しかいませんでした。

なのでまぁ怒られる時もありますが、可愛がってもらっていた方なんじゃないかな。と思います。

バレエ教室は男の僕は入ってはいけない時っていうのが多いいので、大変です。

送り迎えに妻がいけない時に僕が行ったりして、支度とかも手伝ったりしてたこともあるのですが。。

僕も妻と同じようにバーの支度やなんやらをしてたら妻から男子禁制だよ。

みたいなことを言われてしまい、それからというもの入っていけなくなりました。

やらなきゃとの思いだったのですが、よく考えたらいたらいけないなと反省しました。

今でこそ小学生になっているので1人でもと思えますが、幼稚園生を1人で他の人に任せるのは悪いと思っての行動でした。

でも早くから始めてよかったのは、初めての発表会に娘は先生と2人での演技をすることができました。

しかもソロでの演技もこなしたのです。幼稚園の公民館での歌と楽器の発表会では嫌々状態になってしまい泣きじゃくって舞台袖で先生に抱かれている。。。

そんな状態の子がソロの舞台を堂々と踊り、完璧と言える仕上がりを見せました。

やはり自分でどんなものか見て、自分からやる!と決めてから始めたからかなぁと考えています。

家でも歌ったり踊ったり、柔軟をすることも毎日行っています。

これは長男とは違うところかな。と思っています。

長男のピアノは母親から進められて始めたという感じですので。

スポンサーリンク

【サッカーの習い事を始めたのは遅い】

長男が自分からやりたいと言い出したのがサッカーでした。

何年か前から将来の夢がサッカー選手になっています。この夢は結構ゆるぎないですね。

学校の授業でほめられたことがあったようです。

自分からやりたいと言ってきたんだからとりあえずやらせてみようということで、やらせることにしました。

ちなみに僕はバレーボールをやっていましたので、サッカーを教えることはできません。

ほかのサッカーをやっている子供たちを見ると、小さい時からやっていそうな子が多いかな。

そして親もサッカーをやってきた人が多いですね。

見学に行くと親も一緒になってやっている時間があります。

ぼくは一緒に入ってやったことはありません。息子には悪いと思いながら。

サッカーはなかなか一人で練習をするということが難しいのかもしれません。

しかし息子はここでも自宅ではサッカーに関してやらなかったりします。

リフティングなんかも教室で教わったりしているのに、出来ないできないと言って、自宅で自分でできるようになるまでやる。

そんな気もないみたいに思えるような感じです。それくらい自分からやろうとしなかった。

これには妻も切れて、そんなんだったら教室に通わせられないと最近まで通わせていなかったです。

最近やっと通うようになっていますが。

ちょっと始めるのが遅い分取り戻すように自分からやろうという気を持ってほしいと思います。

スポンサーリンク

【早くから始めたかった理由】

英語なんかは特に早くに聞き流しからはじめていくということです。

やはり小さければ小さいほど長い時間それに触れているということになります。

そういう意味で早くから始める。なにが子供たちに合うかはわからないのでやらせてみる。

それが妻の考えですね。僕も賛成しました。

ちなみに長男は水泳も一時期習っていましたが、途中行かなくなりました。

それからちょっと経って水泳もう一度やらない?と聞いても。やらなくていいや。

との返事だったので、やらせていません。

スポンサーリンク

【まとめ】

小さいうちに子供からあれやりたいこれやりたいということは言ってこないかもしれません。

親がどんどん習い事をさせるのは親が勝手に決めていて子供が可哀そうだと言われるかもしれません。

僕も子供ができてすぐ妻に言われて、習い事は早いほうが良いという考えについては賛成していませんでした。

金銭的にもきつかったですし。子供がやりたいと言ってから。そして給料と相談してから。

そう考えていました。支払いがキツイなら習い事なんかさせていられないと。

それはやりたいといってもお金がもったいないからやらせない。

そういう考えがぼくにはあったとおもいます。

でも妻は違っていたんです。

子供たちの可能性を潰す。子供たちのできることを増やしたい。

小さいうちからやっておけば、大きくなってもできると。

大きくなって必要になるかは今はわかりません。

でも月々の支払いがきつくても習い事をさせてよかったと今は思えます。

やはり発表会を見るとその思いは強くなりますね。

親御さんごとに色々な考えがあると思いますが、うちはやらせて良かったと思っています。

ちなみにうちは車での送り迎えがあるのでかなり大変です。

歩いて行けるような範囲に教室などがあるような環境はうらやましいですね。