マイホームを頭金なし、貯金なしで購入して10年近く経ちました。

結婚して10年が経ちました。

はじめはアパート暮らしで1人目が産まれて少し経ったときに引っ越すことを決めま
新築でマイホームを購入することは僕はまったく考えてませんでした。

まずなんで引っ越そうと思ったかから思い出していきます。

スポンサーリンク

【アパートを引っ越そうと思った理由】

駐車場1台、古くて狭い2LDKでした。Lもないと同じくらいのところです。

それでも家族3人で過ごすには十分でした。

そして、産まれて間もない冬でしたかね。結露がすごいことに気づきました。

なんといっても驚愕したのが、押入れです。

水溜りができるんじゃないかと思うくらいびしょびしょだったのです。

いれておいたものもカビだらけでした。これをみてここにはいられないと妻は言い、早々に妻は母親のアパートに転がり込んだのでした。

子供のことを考えたらそんなところにはいられないと私も考えてすぐにほかを探し出しました。

スポンサーリンク

【はじめはマイホームではなく団地やアパート探し】

はじめ僕は少しでも出て行くお金を抑えたいと考えていました。

なので団地が一番いいと思っていました。でも団地って結構山の上のほうにあるんですね。

しかも老朽化が進んでいて入れない団地も増えている。

しかし僕としては僕に実家に近いところの団地に申し込みたかった。

でも妻はそれを許しませんでした。妻は僕の親が嫌いなんですね。

苦手というレベルではない。ここはほかの記事でもあるかもしれませんが、親をぼろくそに言ったり避けたりするような人との結婚は本当に自分がつらく情けなくなります。

とマイホームからそれてしまいましたが。。

なので団地、アパートも見たのですが、却下でした。

そして、次に目を付けたのが中古物件です。インターネットで色々と調べました。

何件か見に行きましたが、これだと言う物件には出会えません。

そもそも地元に未練とかがほとんどないのでどこがいいか決められなかったのもすんなり決められなかった理由でもありますね。

そんなこんなで妻の母親も話に入ってきたのでした。

スポンサーリンク

【マイホームを新築で建てるまでの経緯】

まずなんだかんだ言っても妻と母親は仲がいいのかもしれません。

僕から言ったら親離れ子離れできてない2人にしか見えませんが。

ここからは急展開でとんとん拍子で進んでいきました。

まずは土地を探していい感じのところが見つかりました。

そしてそのまま不動産屋の言われるがままにうわものの間取りなどを決めていきました。

頭金なしで貯金なしの状態で、このまま進めても大丈夫だろうかと僕は不安があったんですが、2人は違いました。

運命だ、縁があった、安くやってくれていると言われてどんどん決まっていきました。

収入も少なかったので、銀行もかなかな貸してくれるところがなくて、最終的にはかなり高い金利のところでした借りれませんでした。

頭金なし、貯金なしで収入が低いのはこのあたりでも不利になるのですね。

母親も月々払ってくれると言うことなので、安心していた部分もあったとは思います。

スポンサーリンク

【間取りが未来予想できていなかった。】

まず完全に先のことは考えずに間取りを決め手はいお願いします。と言うことになった気がします。

低予算では何にも叶わないです。

3人目が産まれることも考えてはいなかった。9畳の部屋を真ん中に壁を作り2部屋にとかんがえていましたが、3人になってしまったので分けるのもどうしようかとなっています。

あとは収納です。部屋に物を置きたくないという妻の言い分。

だったらはじめから収納は多めに必要だったんじゃないかと。僕は現状からあとで収納できるものを増やすしかないと考えていましたが、そうではない、部屋が狭くなると言われてなにもできません。

スポンサーリンク

【まとめ】

頭金なし、貯金なしでのマイホーム購入に関しては僕は失敗だったと考えています。

今だから言えることは多いです。

低所得だと住宅ローンを組めるところも限られる。安くやります、安く建てますといわれても結局色々なところを妥協しなければならない。

だったら賃貸で気に入るようなところに住んでいればよかったのかもしれないと思っています。

そして転職をして年収をあげて借り換えもしています。

年収をあげてからマイホームのことを考えればよかった。

いまさらです。妻と義理の母を止めることができなかった僕が悪いのですがね。